山田光造  略歴

1945年  岐阜県加茂郡川辺町に生まれる。
1956年  この頃「石は宇宙の凝縮体」と考え、石を用いて画や彫刻を創作し始める。
1968年  創始画法を「石刻画」と命名する。

石刻画作品においては、1974年のアメリカ・ニューヨークでの個展を始めとして、亜欧米7ヶ国11都市でその国家等主催による作品展を開催。(中国政府主催個展・日中国交回復10周年記念展、ドイツプロイセン国立文化財団主催個展、フランス・ブザンソン市主催展ほか)

また、1990年「国際花と緑の博覧会」では貴賓室玄関に作品を展示。2005年「愛・地球博」では、天皇皇后両陛下をはじめとする皇族方や各国の首脳等が使用された日本万国博覧会協会の貴賓室全室に作品を単独展示。2008年のG8北海道洞爺湖サミットでは、首脳会談会場に作品を展示。2010年中国で開催された上海万博では、日本政府館貴賓室に作品を展示。

石彫刻作品においては、1989年に祝・新元号「平成」碑を創作。他に、国連設立55周年、日本国連加盟45周年、第一回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)優勝、国連ナンセン難民賞などの記念モニュメントを多数創作。

ライフワークとして、すべての人々が幸せになられることを願って「叶 し・あ・わ・せ」や「国土讃歌」の石彫刻を各地に建立。現在、新しい建立地を探訪中。

山田光造 -Mitsuzo Yamada- 年譜
1945岐阜県加茂郡川辺町の石屋に生まれる  
1956この頃、石を用いて初めて画を創作する  
1968創始画法を「石刻画」と命名する  
1973上京し、創作に専念する  
<石刻画の歩み><石彫刻の歩み>
1974
  • 「アサヒギャラリー-工房を訪ねる-」(春季号掲載)
  • 「山田光造ニューヨークにて個展」(中部日本新聞他、9月28日付他掲載)
  • 「東ドイツ交流展」(ドイツ民主共和国文化省公文書11月8日付掲載)
1976
  • 美術誌 「日本美術」 5月より一年間、作品掲載
1977
1978
  • 東京・湯島天神 「王貞治選手・努力の碑」 を創作
1979
  • 人間情報誌 「人」 (8月9日号掲載)
  • 「個展図録、1979年和光展・東京店」
  • 群馬・はんな・さわらび学園のモニュメントを創作
  • 京都・安井金比羅宮 「絵馬の道碑」・「干支回縁の碑」を創作
  • 上信電鉄高崎駅にモニュメントを創作
1980
  • 版画集 「西遊之記」 空ノ巻と水ノ巻各48図、限定各48部完成
1981
1982
1984
  • 千葉県佐倉市制30周年記念 「野鳥のある道標」 を10基創作
1985
  • 「個展図録、1985年和光展・東京店」
1988
1989
  • 祝・新元号「平成」碑を創作
1990
  • 90日本国際花と緑の博覧会協会主催「同博覧会」  貴賓館玄関に「桜図−6曲半双−」を展示
  • 写真週刊誌 「フライデー」(6月1日号掲載)
  • 「個展図録、1990年三越展・大阪店」
1993
1994
  • デュッセルドルフ・エコー会館にて個展
  • ドレスデン民族工芸博物館にて個展
1995
  • 岐阜県主催 「花フェスタぎふ」 貴賓室に 「桜図−6曲半双−」・「桜図−8曲半双−」 を交互展示
  • 千葉県等主催 「緑化フェア千葉」 会場玄関に「蓮図−6曲半双−」・「鶴と松図−6曲半双−」 を交互展示
  • 京都・青蓮院門跡「好文亭」復元に関与
1996
1997
  • 五大陸に建設中の 「春秋分の陽光鑑賞碑」(岐阜新聞3月20日・9月20日付掲載)
1998
2000
  • JR新大久保駅の人身事故へのモニュメントを創作(毎日新聞他、3月16日付他掲載)
2001
  • 南北朝鮮 「平和のモニュメント」を創作(中国新聞他、6月21日付他掲載)
2005
  • 愛知万博(2005年日本国際博覧会協会主催)「EXPO 2005 AICHI JAPAN」 グローバル・ハウス VIP ROOMに 「孔雀図−6曲半双−」 他を展示
2006
2007
  • ミキモト本店、名古屋店にて個展
2008
2009
2010
2012
  • 韓国麗水世界博覧会によせて
    「金の生み」・「銀の生み」・「青の生み」(2曲屏風・3部作)を創作
2013
2014
2016
  • G7 伊勢志摩サミットによせて
    「壽」(富士と瑞雲の図−6曲屏風−)を創作
Copyright © since 2005 MITSUZO YAMADA All Rights Reserved.