経済産業省2010年上海万博推進室作成   作家紹介文

壽・華   壽・和 (Ju・Ka  Kotobuki・Wa)

【創作意図】
宇宙(壽)の統一的理法を「相生」のさまを通じて表現しようとしています。

作家:山田光造
制作年:2010年春
種類:石刻画
仕立て:二曲屏風仕立て
材質:顔料・岩料・染料・鉱石
サイズ:「壽・華」縦135cm×横135cm、「壽・和」縦135cm×横135cm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山田光造  (YAMADA MITSUZO)

1945年岐阜県の石屋に生まれる。
1956年この頃「石は宇宙の凝縮体」と考えた。
1968年この頃世界に類のない画法を創始して「石刻画」と命名した。
1982年中国政府他主催個展・日中国交回復10周年記念展/北京他2都市で作品を発表した。
1990年「花の万博」の迎賓館の玄関に作品を展示した。
1993年ドイツ・プロイセン国立文化財団主催個展/ベルリン他2都市で作品を発表した。
2005年「愛知万博」のグローバルハウス貴賓室の全室に作品を単独展示した。
2007年北海道洞爺湖G8サミットの主会場に作品を展示した。

協力 NGO MIKI MUSEUM
〒285-0834 千葉県佐倉市吉見832-1
URL http://www.mitsuzo.com

[  前へ戻る ]

Copyright © since 2005 MITSUZO YAMADA All Rights Reserved.