ブログ開設のお知らせ (2013.4.26)

山田光造印

このたび、「石刻画家・山田光造ブログ −つれづれ−」を開設いたしました。

石刻画展やイベントの開催など、新しいお知らせにつきましては、「ブログ −つれづれ−」にてご案内させていただきます。

本オフィシャルウェブサイトで2009年11月〜2013年2月まで綴っていました「つれづれ」欄は、ブログへ移行いたしました。

皆様とのコミュニケ−ションを、より一層はかれますことを期しております。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 石刻画家・山田光造ブログ −つれづれ−
         http://blog.mitsuzo.com/

「驚くほど美しい国 日本」山田光造展の開催終了のお知らせ (2012.9.20)

2011年8月より富山県五箇山和紙の里で開催しておりました同作品展は、2012年9月10日をもちまして無事終了いたしました。これを縁に、四季折々の同地をお訪ねください。ご来場いただきまして誠にありがとうございました。

お知らせとお詫び (2011.11.24)

2011年11月6日頃、パソコンの不具合により、ハードディスク内のデータが全て消滅してしまいました。これに伴い、メールサーバの設定を変更せざるを得ない状況となってしまいました。その間、メールの送受信が行えず、皆様にご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

メールを送信された方で、まだ確認のとれていない方がいらっしゃいましたら、再送をお願いいたします。また、以前にご提供いただきました資料等につきましても、再度お願いをさせていただく場合があるかと存じます。お手数をおかけして誠に申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

11月24日現在、パソコンは復旧しております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

「驚くほど美しい国 日本」山田光造展の開催変更のお知らせ (2011.8.1)

6月6日付お知らせの「驚くほど美しい国 日本」山田光造展につきまして、開催内容が変更となりましたので、下記の通りご案内させていただきます。

会場施設の都合により、当初予定の作品展示ができないため、たいら郷土館五箇山和紙の里 2階ギャラリー五箇山和紙工芸研究館の3会場のいずれかにおいて、数ヶ月ごとに展示内容を変えて順次開催することとなりました。開催期間は約1年間に延長され、来年の夏頃までを予定しています。

また、企画しておりました作者創作の画「日本列島図」への寄せ書きにつきましては、見合わせていただくこととなりました。皆さまのご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

[第1次会期]2011年8月10日(水)〜9月30日(金)
9:00〜17:00    ※会期中無休
[会場]五箇山和紙工芸研究館
〒939-1904 富山県南砺市入谷139
TEL  0763-66-2223
[展示作]2005年愛知万博展示作品の一部
その他、「富士山」「宇宙」など
[主催]「驚くほど美しい国 日本」山田光造展開催実行委員会、NGO  MIKI  MUSEUM
[共催]財団法人 五箇山和紙の里

五箇山は、国の史跡でもあり世界遺産登録の合掌造り集落や、選択無形民俗文化財の「麦屋節」・「こきりこ節」等の五箇山民謡が広く知られています。奥深い日本の風光風土を堪能していただくことができますので、併せてのご来場をお待ちしております。(五箇山麦屋まつり・こきりこ祭り:9月23日〜26日)

なお、会期・会場・展示作品等につきましては、予告なく変更させていただく場合がござます。予めご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

「驚くほど美しい国 日本」山田光造展開催のお知らせ (2011.6.6)

石刻画「相生・禮」(洞爺湖サミット展示作品)

※  会場施設の都合により、会場、展示作品等が変更になりました。詳細につきましては、8月1日付お知らせをご確認ください。皆さまのご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。(2011.8.1追記)

このたび、「驚くほど美しい国 日本」山田光造展を開催することとなりました。今回の震災を通して、あらためて日本の国土と精神力の美しさを認識し、再発見したことから本展の開催へと至りました。

開催期間中、作者創作の画「日本列島図」に、ご来場者の方々の応援メッセージや日本の美しさへの寄せ書きをしていただくことを企画しています。

[会期]2011年8月10日(水)〜9月10日(土)
※会期中無休
[会場]・たいら郷土館 (9:00〜17:00)
〒939-1904 富山県南砺市入谷139
TEL  0763-66-2814
・五箇山和紙の里 2階ギャラリー (8:30〜17:00)
〒939-1905 富山県南砺市東中江215
TEL  0763-66-2403
[展示作]1990年花と緑の国際博覧会展示作品の原画
1993年ドイツ・ベルリン国立博物館個展作品
2005年愛知万博展示作品
2008年G8北海道洞爺湖サミット展示作品
2010年中国・上海万博展示作品
その他、「富士山」「宇宙」の新作など数点
[主催]「驚くほど美しい国 日本」山田光造展開催実行委員会、NGO  MIKI  MUSEUM
[共催]財団法人 五箇山和紙の里

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りいただき、メッセージを書きとめていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

「山田光造展」開催中止のお知らせ (2011.5.31)

2011年7月15日より開催を予定しておりました「山田光造展」は、都合により中止とさせていただくこととなりました。

なお、5月15日付の同展開催案内のお知らせにつきましては、情報の混乱を避けるため、削除させていただきました。

皆さまのご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

石刻画作品の印刷用素材の提供開始について (2011.1.25)

石刻画「壽・華  壽・和」(上海万博展示作品)

皆様のご声援のおかげをもちまして、上海万博・日本政府館貴賓室での展示は無事終了し、昨年末、上海より帰国いたしました。前回の愛知万博に続き、上海万博においても「地球環境」が大きなテーマとなりました。

そこで、「作家として何かをすべきだ。」という思いの答えとして、石刻画作品の印刷用素材の提供を始めさせていただきます。例えば、環境問題を提唱される方々の広報(ポスターやパンフレット等)の色添えなど、皆様のアイデアでよりよい地球環境のために活用していただければ幸いです。

提供させていただく素材は、上海万博、愛知万博、洞爺湖サミットの各展示作品を含めたご希望の石刻画作品のJPG素材で、使用料は無料となっております。

お申込の受付については、メールのみとさせていただき、著作権の関係上、使用の意向によっては、お断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。詳細やご不明な点等は、お気軽にお問い合わせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

上海万博・日本館(貴賓室)展示 石刻画作品の掲載 (2010.11.1)

石刻画「壽・華  壽・和」(上海万博展示作品)

10月31日、2010年上海国際博覧会(上海万博)が6ヶ月間の幕を閉じました。数々の話題の中で大成功のうちに閉幕を迎えられました事、大いに喜んでいます。

6月のお知らせの通り、上海万博・日本館の貴賓室に展示されました石刻画作品「壽・華  壽・和」を掲載させていただきます。中国と日本、そして地球をとりまく星々との相生のさまを、それぞれ「壽・華」、「壽・和」として表現いたしました。

私的ではありますが、チリ落盤事故の作業員救出カプセルと同型のものが特別展示された事で、「人命の尊さを象徴したもののひとつ」として並み居る展示物とともに、忘れえぬものとして永久に記憶されるかと思うと嬉しい限りです。

「叶 多賀門」 NHK番組放送予定のお知らせ (2010.10.2)

石彫刻「叶 多賀門」

このたび、滋賀県多賀町観光協会より、秋の収穫の便りとNHKの番組紹介の連絡をいただきました。

今年の多賀米は、猛暑の影響が心配されましたが、昨年並みの収穫量で、ちょうど籾摺り作業を終えたところだそうです。

NHK「生中継 ふるさと一番!」は、縁結びの門前町・多賀町の旬な話題を放送予定です。生中継スタート地点は、多賀大社前駅前にある「叶 多賀門」(石彫刻作品2007年創作)とのことです。ご興味がおありの方は是非ご覧下さい。

[放送日]2010年10月6日(水) 午後0時20分〜0時43分
[番組名]NHK総合 「生中継 ふるさと一番!」

2010年上海万博・石刻画作品展示のお知らせ (2010.6.18)

「壽・華  壽・和」(上海万博展示)

ただいま、中国で開催中(5月1日〜10月31日)の2010年上海万博・日本館の貴賓室に石刻画作品が展示されております。

上海万博に関する創作活動につきましては、お知らせ(2009.1.20など)で紹介させていただきましたが、本作「壽・華  壽・和」は、二曲一双の石刻画作品となっております。

現在、上海万博開会中のため、展示作品の公開ができないのは残念ですが、閉会後に公開を予定しておりますので、よろしくお願い申し上げます。

2010年上海万博の成功を心より祈念しております。

※経済産業省2010年上海万博推進室作成の作家紹介文
       [ 日本語版 ・ 中文版 ・ Englishi Version ]

イベントのお知らせ (2010.4.15)

モニュメント「天乃磐船」

3月11日付の「つれづれ Vol.5」でご紹介させていただきました通り、「2010アースデイ七宗」におきまして、モニュメント「天乃磐船」(1996年創作)が舞台の一部として利用されます。ご興味がおありの方やお近くにお出かけの際は是非ご来場ください。

イベントの詳細につきましては、下記リンク先にてご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします。

[タイトル]2010アースデイ七宗
[日時]2010年4月24日(土)   ※雨天中止
[場所]岐阜県加茂郡七宗町神渕10290−1
カブチ山田クリニック広場
[連絡先]080-3672-4580(位田様)

ホームページアドレス変更のお知らせ (2009.10.20)

2009年11月1日より、「山田光造 -Official Website-」のホームぺージアドレスを下記の通り変更することとなりました。

「お気に入り」・「ブックマーク」等にご登録の方は、お手数ですがアドレスの変更をお願いいたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。

新URL :  http://www.mitsuzo.com/

「石刻画・山田光造展」開催のお知らせ (2009.2.26)

石刻画「富士」2

下記の通り、石刻画「山田光造展」を開催することとなりました。

[会期]2009年3月2日(月)〜3月29日(日)
7:30〜23:00
(初日は18:30より、最終日は18:30まで)
[会場]東京アメリカンクラブ  玄関ギャラリー
東京都港区高輪 4-25-46
TEL  03-4588-0381

今展示会は、富士山や宇宙をテーマに、1992年から2008年創作の2号(H 18×W 23cm)〜10号(H 45.5×W 53cm)サイズの石刻画作品を展示しています。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

尚、東京アメリカンクラブは会員制クラブのため、玄関ギャラリー以外の施設への非会員の方の入場は制限されておりますのでご了承下さい。

「2010上海EXPO」記事掲載のお知らせ (2009.1.20)

2010上海EXPO

2010年開催の中国上海万博の日本版オフィシャル機関誌「2010上海EXPO」(2009年1月号:第9号)に記事が掲載されましたので、ご案内させていただきます。

"Better City,Better Life のフロントランナー"と題して、日月星辰の相生を表現した石刻画作品などが紹介されています。記事全文につきましては、上海EXPOオンライン(上海メディアグループSTVジャパン) にて掲載されておりますので、是非ご覧下さい。

上海万博の成功へ向けて、みなさまのご支援ならびにご声援の程、よろしくお願い申し上げます。

「叶 多賀門」写真掲載のお知らせ (2008.12.28)

石彫刻「叶 多賀門」

滋賀県多賀町ホームページの今月の写真コーナーにおいて、石彫刻作品 「叶 多賀門」が掲載されましたので、ご案内させていただきます。

「叶 多賀門」は、しあわせの縁結びを願う日月星辰の相生のモニュメントとして、近江鉄道多賀大社前駅前に2007年に建立されました。

多賀町には多くの観光スポット(多賀町観光協会)があり、2009年には「叶 多賀門」を経て多賀大社、胡宮神社を通る「しあわせの縁結びロード」が完成する予定です。ご興味のある方は是非お出かけください。

近況などについて (2008.11.28)

石彫刻「青蓮院門跡寺院寺標」

2008 G8 北海道洞爺湖サミットに関わる記念展は、おかげさまをもちまして無事終了いたしました。皆様のあたたかいご声援、本当にありがたく心より御礼申し上げます。

さて、NHK朝の連続テレビ小説「だんだん」のロケ地・京都において、山田光造創作の石彫刻が放映されていましたので、ご案内させていただきます。主人公のぞみの待ち合わせ場所として、安井金比羅宮(京都市東山区)の「断叶の碑」が登場いたしました。他に安井金比羅宮には、十二支回縁の碑、拓本がとれる風福の碑、絵馬の小道のモニュメントの石彫刻作品があります。

また、ドラマには登場しませんが、近くの青蓮院門跡寺院にも、石彫刻作品として、境内入り口の寺標(台座には蛙が蓮の上に乗っている姿を彫刻)や茶室・好文亭のつくばいがあります。ご興味がおありの方や、お近くにお出かけの際は是非お立ち寄りください。

近況については、2010年開催予定の上海万博へ向けて創作活動に励んでおります。詳細等はあらためてお知らせさせていただきたいと思います。

「山田光造・石刻画展」開催のお知らせ (2008.9.15)

石刻画「相生・蓮」

下記の通り、天地玄黄の世界 「山田光造・石刻画展 −2008 G8洞爺湖サミット出展記念−」 を開催することとなりました。

[会期]2008年9月25日(木)〜10月12日(日)
11:00〜19:00 (月曜定休)
[会場]高輪ざくろ坂ギャラリー  一穂堂
東京都港区高輪3-13-1 グランドプリンス新高輪内
TEL  03-3444-3199
[ご案内]作者在廊予定日は、9/25・10/10・10/12(いづれも14時〜18時)です。事前にお知らせ頂けましたら、上記以外の日もお待ちいたしております。

今展示会は、夕張市美術館で9月15日まで開催された「2008 G8 サミット記念特別展」の石刻画作品も展示予定です。サミット期間中、首脳会談会場となった「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に展示された屏風や自然をテーマとした作品を是非ご覧下さい。

「石刻画 山田光造展」開催のお知らせ (2008.9.3)

石刻画・洞爺湖サミット記念特別展(ほくせんギャラリー)

下記の通り、「石刻画 山田光造展」を開催することとなりました。

[会期]2008年9月16日(火)〜9月21日(日)
11:00〜19:00 (初日17時より、最終日17時まで)
[会場]ほくせんギャラリー ivory
北海道札幌市中央区南2条西2丁目
NC HOKUSEN ブロックビル4F
[懇話会]9月17日(水)18時より、ご参加自由
※作者は9月18日(木)まで在廊予定
[その他]初日17時より、先着50名様にサミット記念グッズをプレゼント

今展示会は、夕張市美術館で9月15日まで開催されている「2008 G8 サミット記念特別展」の石刻画作品の一部も公開予定です。洞爺湖サミットの会場となった「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に展示された屏風や宇宙をテーマとした作品等をご鑑賞下さい。

尚、このたびの開催にあたり、案内パンフレット(右図参照)の印刷につきましては、プリントスポンサー制度による印刷提供をいただきました。今後もプリントスポンサーについては随時募集させていただく予定です。ご興味のある方はNGO MIKI MUSEUM までお問い合わせください。

「2008 G8 サミット記念特別展」開催のお知らせ (2008.6.16)

石刻画・洞爺湖サミット記念特別展(夕張市美術館)

下記の通り、「2008 G8 サミット記念特別展 −石刻画 山田光造展−」を開催することとなりました。皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

[会期]2008年7月1日(火)〜9月15日(月)
9:30〜19:00 (※会期中無休)
[会場]夕張市美術館
北海道夕張市旭町4番地3
TEL  0123-52-0930
[入館料]おとな 700円 / 中高生 500円 / こども 300円

※ 関連記事 : 「洞爺湖サミット:会場に展示の屏風、16日から
夕張で公開」
 (毎日新聞)

尚、会場風景や展示作品につきましては、美術ギャラリー等に関するブログ・栄通記さんの「夕張美術館と石刻画・山田光造・展」 にて詳しくご紹介いただいておりますので、是非ご覧下さい。

展示会開催のお知らせ (2007.12.20)

石刻画「相生・宇宙」青1

このたび、成田国際空港 NAAアートギャラリーに於いて「宇宙での「相生」のさま  山田光造展」を開催することとなりました。

開催期間は2007年12月27日〜2008年1月8日までとなっておりますので是非ご来場ください。

「 NGO MIKI MUSEUM 」に関するお知らせ (2007.9.1)

佐倉市吉見1

このたび、山田光造に関するすべての業務(作品の管理・公開等)を、これまでの「 光造 MITSUZO 」から新たに「 NGO MIKI MUSEUM 」へと移管することとなりました。

「 NGO MIKI MUSEUM 」は、山田光造および創作に携わる方々の日本・海外での活動を尚一層発展させると共に、広く芸術文化の交流を通じて国内外での難民・人権活動の支援を行うことを趣旨として、2005年に設立されました。

「 NGO MIKI MUSEUM 」では、ミュージアムと談話室を併設いたしまして、光造と親交のあった方々の書簡や書画物と光造作品を企画展示しています。

公開中の方々(順不同)は、中河与一氏(小説家)、服部良一氏(作曲家)、胡蘭成氏(哲学者・書家)、森磐根氏(神主・国文学者)、青蓮院門跡の東伏見慈洽御門主、張大千氏(画家)、三三書房の小説家(朱西寧氏、劉慕沙氏、朱天文氏、朱天心氏、朱天衣氏、謝材俊氏)、侯孝賢氏(映画監督)、朱銘氏(彫刻家)、巨贊氏(中国仏教協会)、傅賓良氏等です。

詳細については、「 NGO MIKI MUSEUM 」までお問い合わせ下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

「石刻画 山田光造展」開催のお知らせ (2007.7.2)

石刻画・ミキモト個展1

ミキモト本店(銀座4丁目)に於いて「石刻画 山田光造展」を開催(2007年7月7日〜7月17日)することとなりました。

ご好評いただきました名古屋店に続き、アコヤ貝を使用した新作、中国やドイツでの記念個展作品、そして2005年に開催された愛知万博「愛・地球博」の貴賓室展示作品を一般公開いたします。

宇宙エネルギーを石と貝を用いて表現した「相生」の世界を是非ご覧ください。

日時(定休日あり)・場所等の詳細は、ミキモトWebページにてご確認ください。

「石刻画 山田光造展」開催のお知らせ (2007.2.24)

石刻画「相生・宇宙」アコヤ貝1

このたび、ミキモト名古屋店に於いて「石刻画 山田光造展」を開催(2007年3月1日〜4月9日)することとなりました。

今回は、新たな試みとしてアコヤ貝を使用した新作や、2005年に開催された愛知万博「愛・地球博」の貴賓室展示作品を一般初公開いたします。宇宙エネルギーを石と貝を用いて表現した「相生」の世界を是非ご覧ください。

日時(定休日あり)・場所等の詳細は、ミキモト Webページでご確認ください。

展示会順次開催のお知らせ (2006.12.1)

石刻画「朝あけ富士」1

現在、「富士山 −世界文化遺産に向けてー」と題した石刻画作品の発表を以下の場所で順次開催しております。天と地と人の相生のさまを、めでたき富士山の姿(あさときのダイヤモンド富士)を借りて表現してみました。お近くにお越しの際は是非ご来場ください。

・山梨信用金庫本店ロビー (2006.11.25〜2006.12.20)

成田国際空港NAAアートギャラリー (2006.11.30〜2006.12.19)

・大垣共立銀行本店ロビー (2006.12.8〜2007.1.24)

・岐阜信用金庫本店ロビー (2006.12.8〜2007.1.24)

・山梨県身延町内 (2006年12月下旬以降に予定)

展示会開催のお知らせ (2006.10.20)

石刻画「富士」3(愛知万博展示作品)

このたび、「世界遺産へ向けて、富士讃歌 −山田光造展−」を2006年11月30日より、成田国際空港 NAAアートギャラリーで開催することとなりました。

愛知万博(愛・地球博)貴賓室出展作品を中心に、ダイヤモンド富士等の石刻画を多数展示いたします。開催期間は2006年12月19日までとなっておりますので是非ご来場ください。

探しています! (2005.10.8)

石刻画「歴」

現在、右図の石刻画作品「暦」(1992年創作)を収蔵されている方の所在を探しております。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、山田光造連絡先までお知らせくださいますよう宜しくお願い申し上げます。

愛知万博出展作品のポスター送付について (2005.7.25)

石刻画「相生」(愛知万博ポスター)

この度、愛知万博(2005年日本国際博覧会)のシンボルパビリオンであるグローバル・ハウスの VIP ROOM における展示作品(紙本2曲半双、H 137×W 136 cm、2005年作)のポスタ−(H 88×W 62.5cm)が出来上がりました。

グローバルハウス唯一の専用ポスターとして、全出展参加国名を記載し、各国首脳の方々をはじめとする招待客の皆様に100枚のみ記念配付されました。

このポスターをご希望の方には、愛知万博閉会後、全国一律3000円(送料・梱包手数料・税込み)にてプレゼントさせていただきます。代金のお支払いは、日通ペリカン便による荷物配達時の代金引換払いとなっておりますので、あらかじめご了承ください。尚、数に限りがありますのでお一人様2枚までのお申込みとさせていただき、予定枚数がなくなり次第、終了とさせていただきます。

お申込みは、2005年11月1日より、E-mail ・ハガキ ・FAX のいずれかにて、お名前・ご住所・電話番号・メールアドレスとポスターご希望枚数をご記入の上、山田光造連絡先までお知らせください。

Copyright © since 2005 MITSUZO YAMADA All Rights Reserved.